【書評】『デジタル・ミニマリスト』

皆さんの1日を思い浮かべて欲しい。

スマートフォンを開いては、Twitterでリアルタイムで更新される最新の世の中の動向をチェックし、Facebookでは、友人一家が投稿した赤ちゃんの写真に「いいね」を押して、Instagramから届いた友人の結婚式の写真をチェックする。
ついつい用もないのにスマートフォンの画面を覗いては、過ぎていく時間…。
私たちはみんなそのような生活を改善したいと思っています。

必要なのは「哲学」とも言うべき強力な指針である

本書が提唱するのは、「デジタル・ミニマリズム」という考えです。
強力なテクノロジーを相手にするには、小さな工夫や生半可な決めごとだけでは不十分なのです。

必要なのは、自分の根本をなす価値観に基づいた、妥協のない、”テクノロジー利用に関する哲学”だ。どのツールを利用するべきか、どのように使うべきかという問題に明確な答えを提示できる哲学。そして、選んだツール以外のいっさいを無視できるだけの自信を与えてくれること


私たちに必要なのは、テクノロジー利用に関する哲学ともいうべき強力な指針です。
それが「デジタル・ミニマリズム」という考え・哲学です。
本書では、この「デジタル・ミニマリズム」とは何かを解説し、1600人ものボランティアが参加した集団実験の結果から築き上げられたその実践方法を紹介します。

SNSは巧妙に設計されている

暇さえあればスマートフォンを覗き見るのは、当然、私たちの意思の弱さも一役買っています。
しかし、本書によれば、Twitterなどのアプリやウェブサイトの多くは、巧みな”心理的な罠”を利用してユーザーが誘惑に抵抗できないよう設計されているといいます。
本書では、そのなかでも代表的と思われるものとして「間歇強化」と「承認欲求」を挙げています。
私たちは、親しい友人が自分のことを気にかけてくれていることがわかると、嬉しい気持ちになります。
Twitterの「いいね」やInstagramの「写真のタグ付機能」は、まさにユーザーの「承認欲求」を巧みに利用しています。
こうしたソーシャルメディアが仕掛ける巧妙な罠から逃れるには、小手先の対処法では上手くいかないことは明白です。
そこで必要なのが、本書が提唱する「デジタル・ミニマリズム」という考えなのです。

「デジタル・ミニマリズム」の3つの基本原則

「デジタル・ミニマリズム」は、経済学の法則や心理学的なアプローチから導き出された3つの基本原則から成り立ちます。

原則1:あればあるほどコストがかかる‥

原則2:最適化が成功の鍵である‥

原則3:自覚的であることが充実感につながる‥


詳しい説明は本書に譲りますが、重要なのは、原則3の「自覚的であることが充実感につながる」という点です。
これは、単純に言えば、スマートフォンを持たないという選択肢を持つこと自体が、幸福につながるというものです。
皆さんも、ぜひ近所のカフェなどに行くときに、スマートフォンを家に置いて出かけてみてください。
普段通うカフェでも、スマートフォンを持ち歩いていた時と比べて、いつもとは違う発見があることに気づくはずです。
それがなぜ、あなたの幸福につながるのか?
その答えは、本書で取り上げられている集団実験に参加した被験者が代わりに答えてくれています。

「(スマートフォンを持たないという判断の)おかげで、自分のことは自分で決めていると自信を持って毎日を過ごせます」

「自分の生活のなかでテクノロジーにどこまでの役割を持たせるか、私がコントロールしているわけですから」


デジタル・ツールを自らがコントロールしているという感覚は、それだけで新鮮で気持ちの良いものです。

「デジタル・ミニマズム」の実践方法

では、肝心の「デジタル・ミニマリズム」の実践する方法はといえば、実にシンプルな方法です。

三〇日のリセット期間を定め、かならずしも必要ではないテクノロジーの利用を休止する。


これは実践方法の全3ステップのうちの1つ目なので、当然以降のステップも存在しますが、要は、30日間普段使っているアプリ等を排除し生活するという根絶治療ということになります。
この30日間の間に、あなたはこれまでデジタル・ツールに当てていた時間を埋める、他の楽しくてやりがいのある活動や行動に目を向けることになります。
しかし、そのような他の楽しくてやりがいのある活動について、皆目検討がつかないという人もいいかもしれません。
でも、安心してください。
本書の後半の180ページほどをそうした問題の解決に当てています。
この後半を読むだけでも、本書を読む価値は十分にあると言えます。
そして、誰でもデジタル・ツールに代わるものは見つかると断言ができます。
なぜなら、もともとはそういったものを強化するために、デジタル・ツールを利用したはずですから。

「デジタル・ミニマリズム」は20代に必要な考え

スマートフォンを代表するように、デジタル・ツールは、ますます便利になり、私たちの生活になくてはならないものになっています。
そういったツールを利用し、満足しているユーザーにとっては、本書が提唱する「デジタル・ミニマリズム」という考えは、そうした流れに逆行しているようにも思えるかもしれません。
しかし、後からそうしたスマートフォン等を利用していた時間が、どれだけ自分に有効的だったのかを振り返ってみてください。
本書は、私のようなデジタル・ツールの熱狂的な利用者には、教育哲学ともいうべき必読書となるはずです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP