【書評】『ドライバーレスの衝撃』自動運転車の導入は、スマホ以上の変革を私たちにもたらす。

2016年10月、Uber傘下の企業オットーが開発した自動運転トラックが、コロラド州の高速道路を120マイル(約193キロ)走行し、ビール200ケースを運んだというニュースが流れました。
その間、人間のドライバーは寝台で休んでいたと言います。
さらに、同時期にテスラは、まさに飛行機の自動操縦のような自動車版のオートパイロット機能を開発しました。
この機能を自分の車にダウンロードすれば、運転者はウインカーを出すといった簡単な操作だけで、あとは車が自動で運転してくれます。
このように、自動運転の技術は実用化する寸前のところまできています。

ニューヨークの道路を最も知る男が書いた本

本書は、こうした自動運転にまつわる最新の動向に対して、元ニューヨーク市運輸局局長の著者が、従来の議論では抜け落ちていた社会への影響を包括的に分析したものです。
これまでの自動運転にまつわる議論は、私たちの暮らしが今よりも快適になるといったユートピア的なものと、雇用の喪失や倫理面での課題を取り上げたディストピア的なものに2分されました。
それでは、自動運転車の実現が間近となった今、私たちはどちらのビジョンを持つ必要があるのでしょうか?
本書の著者であるシュウォルツは、これまでの自動車や交通の歴史を辿ることで、両極となっていた議論の中間を探り、私たちが今何をすべきなのかを浮き彫りにしました。
本書を読むことで、自動運転車の実現による未来がどのようなものか、そして、私たちが今どのような計画を立ててどう行動すべきなのか、その全てがわかるといっても過言ではないでしょう。

自動運転車はスマホのように普及する

本書の中でも興味深かったのは、自動運転車がスマートフォンに匹敵するくらい、私たちの生活に影響を及ぼすという点です。
人間が運転をする必要がなくなるということは、私たちの乗車体験を全く新しいものに変えます。
つまり、運転をする必要がなくなった人々は、車の中では仕事をしたり、寝たり、遊んだりできるような多様な空間を求めるようになります。
そうなれば、自分専用の自動車を持ちたいという人だってきっと増えるはずでしょう。

自分専用の自動車を持つというのは非常に魅力的に感じられるようになる。そして今日の携帯電話のように、頻繁にアップグレードされるようになり、人々が自動車を購入するサイクルも短くなるだろう。大部分の人々は、1台の自動車におよそ10年乗り続けるが、携帯電話はわずか2〜3で買い替える。しかし将来的には、人々は携帯電話と同じくらいの頻度で自動車を買い替えるようになる可能性がある。

自動運転車を持つのにきっと運転免許証は必要ないでしょう。
そうなれば、自動車は今よりもはるかに手に入りやすくなりますので、急激に自動車の個人所有が進む可能性があります。
しかし、そんなことになれば、道路は常に渋滞となり交通インフラはすぐにでも麻痺してしまいます。
本書でも詳しく考察されていますが、自動運転車の未来をより良いものにするには、この自動車の個人所有率をいかに下げるかという点が非常に重要となってきます。
つまり、そのための全く新しい交通システムや課金制度を私たちは考えなければならないのです。

自動運転車を導入すること自体が倫理的な課題の解決策となる

そして、自動運転車というものを考えた時に、やはり一番気になるのがその倫理的な側面でしょう。
2018年3月、アメリカのアリゾナ州で、Uberの自動運転車が女性(49)を轢いて死亡させた事故があったことを覚えている方も多いはずです。
自動運転車が事故を起こした場合、はたしてその責任の所在がどこにあるのかが問題となります。
自動運転車を設計したメーカーにあるのでしょうか?
もしくは、ソフトウェアを開発したエンジニアにあるのでしょうか?
しかしそれを考える前に知っておくべきなのは、自動運転による交通事故の件数は、人間による交通事故の多さに比べたら取るに足らない件数であるということです。
人間によるエラー(交通事故)の多さについては、テスラ社のイーロン・マスクもメディアに対し以下のように発言しています。

もし否定的な記事を書いて、それを読んだ人々が自動運転車を使わないようになったら、あなたがたは人殺しをしているのと変わらないことになるわけですから。

マスクの主張は少々過激ですが、人間よりもずっと安全運転ができる自動運転車を導入すること自体が、さきほどの倫理問題を解決する一つの妥協点となるのかもしれません。

自動運転車は世界を一変させる可能性がある

本書でも指摘されていますが、アメリカや日本といった国が、さきほどの考えを受け入れるには時間を要するでしょう。
一方で、トップダウン式で物事を決められる中国は、いち早く自動運転による社会的基盤を作ることになるかもしれません。
道路というのは、人間の運転する車が走ることを前提として、多少のよそ見やミスで車両がふらついても大丈夫なように余裕を持った広さで設計されています。
しかし、自動運転車は、一定のコースを極めて正確に走ることができるため、こうした既存の道路の様子を大きく変えることになります。
さらに道路だけではなく、都市の在り方、経済、エネルギー、環境、プライバシーに至るまで、自動運転車が社会を一変させることについて、本書は驚くべきほど詳細な提言をしています。
これほどまでに広大な領域に関わる事項について、実のある提言ができる専門家は著者以外にはいないでしょう。
本書は、自動運転車にまつわる本では唯一無二の提言書です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP