【今週購入した本】2022年1月10日週

こんにちは。横浜読書会です。
わたしたちは、「1か月に平均3冊以上の本を読む若者を増やす」ことを目的に、読書会の開催や読書に関する情報発信を行っています。
毎週、私が購入した本の中から2〜3冊程度オススメの本を紹介します。
興味があれば、ぜひ手に取ってみてください。

『Invent & Wander』 ジェフ・ベゾス著

本書は、Amazonの創業者ジェフ・ベゾスが株主に向けて毎年綴った年次書簡と、インタビューなど様々な場で語ってきた内容についてまとめた一冊です。
仕事や人生、さらには意思決定の方法まで、多くの教訓から導き出されたジェフ・ベゾス自らの言葉は、どの自己啓発本やビジネス書よりも私たちの背中を押してくれる大きな力となります。
Amazonと言えば、その長期的なビジネス思考が特徴です。
実はこの思考については、今から20年以上も前の1997年の株主向けの年次書簡「長期がすべて」で触れられていました。
他の書簡も含めて、現在のAmazonの大成功を予見するような多くの言葉には、恐怖すら覚えるほどです。

『Invent & Wander』 ジェフ・ベゾス著

『ブルシット・ジョブの謎』 酒井 隆史 (著)

世界的ベストセラー『ブルシット・ジョブ クソどうでもいい仕事の理論』の訳者による、原書の内容を噛み砕いてわかりやすく説明した一冊です。
原書は私も読みましたが少々難しく感じていました(しかもまあまあ分厚い)。
本書では要点を掻い摘んで説明してくれているので、原書を読んで挫折した人やまだ読んでいない人にもオススメです。
ブルシット・ジョブとは、効率性を重視する資本主義社会においてホワイトカラーを中心に増え続けている「何の役にも立たない仕事」のことです。
詳しくは本書を一読ください。

『ブルシット・ジョブの謎』 酒井 隆史 (著)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP