【書評】『地磁気の逆転』地球の磁極はこれまで幾度となく逆転している!?

多くの人は地球が大きな棒磁石のようになっていることを知っています。
南極から放出された磁力線は、赤道の上空を通過して、北極へと降り注いでいます。
このおかげで、昔の船乗り達は、大海原に繰り出し目的の大地に向かうことができました。
しかし、地球の磁極が、地球誕生から現在までに幾度となく逆転(N極とS極が逆転する)しているという事実を知っている人はほとんどいません。
本書は、そんな「磁極逆転」という自然の不可解な現象に挑んだ科学者たちの物語を紹介するサイエンス・ノンフィクションです。

地球の磁場の成り立ち

本題に入る前に、地球がなぜ今のような磁場を築いているのかを知る必要があります。
本書にはこの点についても詳しく書かれています。
その内容を掻い摘んで説明すれば、以下のようになります。
地球の中心である内核(コア)は、地球が生まれた時の名残で非常に高温な溶解炉となっています。
この高温により、内核をつつむ外核(鉄、ニッケルなどで構成される)を融解して、液体状になっています。
液状の外核の対流が電流を発生させ、さらには磁場を生み出します。
生み出された磁場が、棒磁石のようなキレイな二つの磁極(双極子磁場と呼ばれる)になっているのは、地球が自転しているからです。
自転によって、バラバラな磁力線が一つに束ねられ、私たちがよく知る地球の磁場となっているのです。

地場は地球を取り囲むシールドとなる

そして本題ですが、この一つに束ねられた磁力線とは逆向きに働く力が存在しているのです。
さらには、現在、この逆向きの勢力により磁場がほとんど消滅している場所があり、それは「南太平洋磁気異常帯」と呼ばれる領域で、人工衛星がこの磁場の弱い領域の上空を通過している最中にメモリ障害が発生したようです。
では、地球の磁場が完全に逆転するようなことがあれば、私たちにどのような影響を与えるのでしょうか?
地球の磁場は、地球を取り囲むシールドのような役割を果たしており、宇宙から降り注ぐ有害な宇宙線から地球を守っています。
かつて火星にも地球のような磁場が存在したといいます。
しかし、磁場が消滅して自らを守るすべを失った火星は、強力な太陽風にさらされた結果、現在のような岩石だけの星に成り果てました。
磁極が逆転する際、磁場が弱まりほとんど消滅に近い状態となることがわかっています。
はたして自らを守るすべを失った人類は無事でいられるのでしょうか。
前回の逆転から78万年経過したいま、近い将来に次の逆転が起こるかもしれないことが明らかになっています。
人類が何をすべきかぜひ本書を読んで確認してみてほしい。

「場」という概念の面白さ

本書は、物理学でいうところの「場」の概念の面白さが存分に味わえる一冊です。
私たちには何もないと思えるような空間でも、空気や磁場、電波といったもので満たされています。
見えないものを想像し楽しむ。
これこそサイエンスノンフィクションの一番の面白さと言えるでしょう。
本書はそんな科学の面白さを存分に味わせてくれる一冊です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP