【書評】『「自分だけの答え」が見つかる 13歳からのアート思考』ビジネスマンこそアート思考を持つべきだ!

本書は、美術教師でもある著者による、これまで述べ700人以上もの中高生を相手に実施してきた実際の美術の授業をもとにした体験型の本です。
各章は、著者が選んだ6つの偉大な作品のうちから1つを取り上げるかたちで、実際の授業を受けているような講義スタイルで展開されます。
実際に手を動かすエクササイズや、これまで授業を受けてきた参加者による意見もふんだんに登場させることで、ライブ感を存分に味わえる内容となっています。

美術の人気は13歳から急激に悪くなる

皆さんは美術というものにどのような印象をお持ちでしょうか?
おそらく得意な方だったという人は少数派で、苦手だったという印象を持っている方が多いのではないでしょうか。
本書のタイトル『13歳からのアート思考』にもある通り、小学校から中学校への転換期、つまり13歳くらいの年齢で、美術の人気は急激に悪くなるといいます。
その理由として、本書では以下のように指摘しています。

「技術・知識」偏重型の授業スタイルが、中学校以降の「美術」に対する苦手意識の元凶ではないか。

たしかに、小学校までの美術の授業では自分自身を自由に表現できていたような気がします。
私も美術は大好きな科目の一つでした。
しかし、中学校の美術の授業といえば、技術という面では、美術部所属の同級生から比べれば自分の作品は見窄らしくて恥ずかしいだけだったし、知識という面では、美術の作品名や作者名をひたすら暗記させられるだけで、「一体何の役に立つのだろう?」という印象を持っていました。
かの有名なパブロ・ピカソは以下のように述べています。

すべての子どもはアーティストである。問題なのは、どうすれば大人になったときにもアーティストのままでいられるかだ。

私たちはこうした美術教育の影響で、誰もが子供の時には持っていた「アーティスト心」なるものを見失ってしまっているのではないでしょうか。

ビジネスエリートはアート思考を取り入れている

山口周氏著の『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか』によれば、現在、欧米エリートの間では、MBA(経営学博士)よりもMFA(美術学博士)を狙うビジネスマンが増えているといいます。
アップルをはじめ、多くの成功している企業では、すでに自らのビジネスにアート思考を取り入れています。
本書でも、アート思考を直感力や考える力を養うことができる力と捉え、その重要さを説いています。
しかし、エリートでもクリエイティブな職についてるわけでもない多くの人にとっては、そうした能力は一部の人間のものであって、自分達には無関係と思っているかもしれません。
しかし、著者は自信を持ってこう断言しています。

じっと動かない1枚の絵画を前にしてすら「自分なりの答え」をつくれない人が、激動する複雑な現実世界のなかで、果たしてなにかを生み出したりできるでしょうか?

これまで「美術なんて…」と変に大人になってしまっていた人こそ本書を手にとって読んでみるべきでしょう。

アートを鑑賞するための様々な「視点」

では、本書の授業を少し紹介します。
みなさんもどこかの美術館に行って、アーティストたちの作品を見たことがあると思います。
しかし、作品を見る時間よりも、解説文に目を向けていた時間の方が長かったという人も多いのではないでしょうか。
本書では、アートを鑑賞する上での様々な「視点」を教えてくれます。
「視点」といっても、あくまで私たちが自分で考えるためのちょっとした手助けのようなものです。
例えば、2章の「「リアルさ」ってなんだ」では、以下のような「視点」で考えるように私たちを促しています。

ピカソはあなたの弟子で、あなたは師匠だとしましょう。もし弟子のピカソが「師匠、こんな作品を描きました!」といって、この絵を持ってきたとしたら・・・・・・?「リアルかどうか」という視点でこの絵のあら探しをして「ダメ出し」をしてみてください。

ここで鑑賞するピカソの絵は「アビニヨンの娘たち」という5人の娼婦を描いたもので、この絵には、私たちが普段目で見ている光景にはない、ある光景までも描き出されています。
ピカソがこの絵を描く際に扱ったトリックを暴くには、先ほどのダメ出し鑑賞術でこの絵をよくよく観察してみることが必要です。
本書は、このように一件拍子抜けしてしまいそうな簡単な鑑賞術で、私たちを探求の道へと誘ってくれるのです。

13歳からのアート思考

本書では、先述したようにある6つの作品を鑑賞するかたちで話が進んでいきます。
どれもアートの歴史に革新をもたらしたとされる作品ということで読み進めていましたが、私が勉強不足のせいか、知っている作品はほとんどありませんでした。
それもそのはずで、本書で紹介される作品は、いわゆる古典と呼ばれる作品ではなくて、どれも20世紀以降に生み出された作品のようです。
著者によれば、20世紀以降に生まれた作品の方が「アート思考」を育む題材としては、最も最適らしいです。
一体なぜなのでしょうか…?
それは20世紀に起きたある重大な事件が関係しているという。
ネタバレになるので詳しくは本書に譲りますが、本書では、アート鑑賞は何も小難しいものではなく、自由で楽しいものなのだということを十分に味合わせてくれる内容となっています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP