【書評】『20億人の未来銀行』ニッポンの起業家、電気のないアフリカの村で「電子マネー経済圏」を作る

本書は、FinTechといった金融系ビジネス書という側面だけではなく、一人の日本人による波乱万丈なノンフィクションノベルという側面も持っています。
世界で銀行口座を持たない成人の数は約20億人と言われています。
著者が目指すのは、そうした人達を巻き込んだ新たなお金の「ものがたり」を創っていくことです。

僕らの世代にとっての課題は、「誰もが人生の中で目的(意義)を持てる世界を創り出すこと」なのです。

これはフェイスブックのCEOであるザッカーバーグがハーバード大学でのスピーチで語った言葉です。
いまや、自分の人生の目標(意義)を見つけるだけでは不十分で、多くの人が人生の意義や目的を持てるような世界を作ることが求められています。
本書は、間違いなくザッカーバーグが言うような世界をつくるスケールの大きい話となっています。
起業することとは何か」「働くこととは何か」など、悩める日本人に向けたメッセージ性のある本です。

金融の素人がアフリカで電子マネー経済圏をつくった

本書には、最新のテクノロジーが登場するわけではありません。
著者自身が語っているように、最先端のテクノジーを扱うのが必ずしもベストではないことが多くあります。

大事なのは現場の課題を解決するのに現実的に取れる手段として何がふさわしいかということであって、その技術が最先端かどうかというのはあまり関係がありません。途上国ビジネスにおいては、よりその傾向が強くなると言えるでしょう。

こうした考えのもと、日本植物燃料という会社で代表を務める著者が電気すらないアフリカの辺境の地で電子マネー経済圏を構築しました。
本書には、金融の専門家でもない素人が、それを成し遂げるにいたった軌跡が余すことなく書かれています。

まったく新しいFinTech

著者が自身のライフミッションとして一貫して持ち続けているのが、「世の中から不条理をなくす」ことです。
それは、著者が原爆の被害があった長崎で生まれ、そこで過ごした経験からきています。
京都大学法学部を中退、その後、就職した先で若くして5000万円もの借金を抱えることになり、さらにはバイオ燃料の事業を始めて大失敗を犯し、そして、現在の畑違いの金融業に本腰を入れることにしたのも、一貫してこのライフミッションを果たすためだったと言います。
そんな著者が考える、現在のお金の「ものがたり」の最大の問題点は、「お金でお金を稼ぐ」ことであり、これは現在の世界では最早成り立たないシステムなのではないかと指摘しています。
そこで、著者が提案する「新しい仕組みの銀行」は、預金者へは金利を約束せず、一方で融資を受ける人から複利の貸出金利をとることもしないというものでした。
詳しくは本書を読んでいただきたいが、著者の挑戦は、世界中の農村や貧困地域に「お金の革命」を起こす新しいFinTechとして、国連にも注目されるまでとなりました。

驚くべき想像力と行動力を兼ね備えた日本人

こうした仕組みづくりを構想するにあたって、感嘆するのは、著者がフェリックス・マーティンの『21世紀の貨幣論』、トーマス・セドラチェクの『善と悪の経済学』など、多くの金融や経済の本から丹念に学んでいるということです。
著者自身、専門家でもない人間が数々のことを成し遂げられる秘訣をこう語っています。

自分の選択の正しさに常に確信を持っているわけではありませんが、それでもそう間違っていないだろうと思えるのは、やはり「現場で起きていることをつぶさに見ているから」というのが答えになるだろうと思います。答えは全て、現場にあるというのが私の考え。

著者は、2016年の世界食料安全保障委員会の会合で、グラミン銀行創設者でノーベル平和賞受賞者のムハマド・ユヌスらと貧困や飢餓について語るなど、紛れもなくこの分野で世界の最先端にいます。
同じ日本人として、これほどまでの想像力と行動力をもつ人は数少ないでしょう。
だからこそ、本書は人ごとではなく同じ日本人として多くの方に手にとっていただきたい一冊です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP